女性のための加齢臭のお悩み解消ガイド

女性の加齢臭を解決!おすすめアイテムを紹介します

HOME » さまざまな角度から女性の加齢臭の原因を探る! » お酒・タバコとの関係

お酒・タバコとの関係

このページでは、なぜお酒やタバコが女性の加齢臭の引き金となるのか、その原因やしくみを解説します。

女性の加齢臭に煙草は厳禁!

女性の加齢臭に煙草は厳禁!タバコは健康を害するだけでなく口臭や肌荒れを引き起こすことはよく知られていますが、実は加齢臭の原因にもなっていることをご存知ですか?

加齢臭の元となっているノネナールは、皮脂の中にある脂肪酸の一種であるヘキサデセン酸と過酸化脂質が結びついてできてしまうものですが、過酸化脂質は活性酸素が発生することによって増える物質です。

つまり、活性酸素がノネナールを作りだしているとも言えます。そして活性酸素を生み出す原因の一つが喫煙なのです。

タバコの煙が体内に入ると、身体はそれを異物と判断します。異物を攻撃するために活性酸素が生まれてしまうのです。

加えて、タバコには過酸化水素が含有されています。これは活性酸素の一種。タバコは活性酸素を増やし、結果的にノネナールを増加させてしまうものだと言えます。

タバコ臭と加齢臭の相乗効果!?で女性なのに“オヤジ臭”が!

タバコのニオイと加齢臭が混ざることも問題です。それぞれが双方のニオイを引き立たせてしまうからです。

また、加齢臭とはノネナールによるニオイのことですが、いわゆる“オヤジ臭”の一般的なイメージはタバコのニオイです。

女性なのにタバコ臭い、中年期の男性と同じニオイがするとしたらもう最悪。どんなに綺麗にしていても、どんなにお肌のお手入れをしても、幻滅されてしまうでしょう。

止めることの難しいタバコですが、加齢臭が気になったら、それを機会に禁煙することをオススメします。タバコを止めるだけで肌質も若返り、口臭や体臭を今までよりも気にせずに過ごせるでしょう。

過度のお酒もニオイの元

過度のお酒もニオイの元過度の飲酒もNGです。肝臓がアルコールを処理する際に、活性酸素が発生するからです。

そればかりでなく、お酒を飲み過ぎると中性脂肪が増加します。中性脂肪が増えるとヘキサデセン酸も増えます。その結果、ノネナールが増えてしまうのです。

ストレスを和らげたり、「百薬の長」とも言われるお酒ですが、何事もやりすぎ、飲み過ぎは厳禁です。お酒は適度に飲むようにしましょう。

 
女性のための加齢臭のお悩み解消ガイド