女性のための加齢臭のお悩み解消ガイド

女性の加齢臭を解決!おすすめアイテムを紹介します

HOME » さまざまな角度から女性の加齢臭の原因を探る! » ストレスとの関係

ストレスとの関係

ストレスや無理なダイエットが女性の加齢臭を発生させることをご存知ですか?このページでは、ストレスと加齢臭との関係について解説していきます。

加齢臭対策にはストレス厳禁!

あまり知られていませんが、ストレスも加齢臭一因です。それは、加齢臭を生み出す一因に「活性酸素の発生」があるからです。

加齢臭の元となっているノネナールは、皮脂の中にあるヘキサデセン酸と過酸化脂質が結びついてできてしまうものですが、過酸化脂質は活性酸素が発生することによって増える物質です。

活性酸素は運動によって酸素を消費したときや排気ガスを吸い込んでしまったとき、紫外線を浴びた時にも発生することで知られていますが、ストレスでも発生します。

そのため、ストレスと加齢臭は切っても切れない関係と言えるのです。

ストレスが活性酸素を増加させると…

過酸化脂質を増やしてしまう活性酸素。ストレスを感じるとどうして増えてしまうのでしょうか。

私たちの身体は、ストレスを感じると副腎皮質ホルモンを分泌します。副腎皮質ホルモンが分泌されるとき、また分解される際には活性酸素が生じます。

また、ストレスによって血管が収縮すると血流が滞り、収縮した血管はその後拡張して血流の勢いが増しますが、その際に活性酸素が発生します。ほかにもストレスによって血糖値が上がると活性酸素が発生することがわかっています。

加齢臭を抑えるためには、ストレスを感じないようにすることが大切になります。気分転換をしたり、リラックスできる環境づくりに努めましょう。

また、加齢臭そのものがストレスになるという悪循環を生むことありますので、ニオイを元から取るようなケアを心掛けることが大切です。

無理なダイエットも要注意

無理なダイエットも加齢臭のモトダイエットによって脂肪分が減ると、過酸化脂質も減り、ノネナールは作られにくくなります。

しかし、間違ったダイエットを行なうと代謝が悪くなり、老廃物が溜まってしまうとさらに体臭が強くなります。

また、無理な食事制限がストレスを生んでしまうことも。ダイエットは急激に行なわないこと、間違ったダイエットをしないことが大切です。

 
女性のための加齢臭のお悩み解消ガイド