女性のための加齢臭のお悩み解消ガイド

女性の加齢臭を解決!おすすめアイテムを紹介します

HOME » さまざまな角度から女性の加齢臭の原因を探る! » 腸内環境との関係

腸内環境との関係

このページでは、腸内環境の悪化や便秘と女性の体臭・加齢臭との関係をご説明します。

女性の加齢臭・体臭の元は便秘?

私たちの腸には、毎日食べたもののカスが溜まっています。人間の体温は36度前後ですから、食べ物はとても腐敗しやすい環境といえます。真夏のクーラーをかけない部屋に、食べ物を出しっ放しにしておくようなものです。

腸の中で腐敗した食べカスは悪臭をはなちますが、腸内環境が整っていれば便と一緒に悪臭も排出されます。

しかし、便秘になると悪臭成分は腸壁から吸収されて血液の流れに乗ってしまうため、全身の汗腺や息から悪臭が漂うようになります。これが体臭の原因となり、加齢臭を助長させるのです。

腸内環境の悪化はニオイのもと

加齢臭の原因はさまざまありますが、まだ更年期でもないし、とくにストレスも感じていない、タバコもお酒もやらないのに加齢臭がするとしたら、その原因は腸内環境の悪化にあるかもしれません。

そして、この手の体臭や口臭は、自分では気づきにくいという欠点があるので要注意です。

しかし、便秘による口臭や体臭は、便秘を改善させれば治まります。大事なのはしっかり便を排出できるような腸内環境を作ることです。

加齢臭をくい止めるために

ただでさえ、年齢を重ねることで気になってくる加齢臭。ニオイを元から断つように消臭効果の高いボディソープや石鹸でノネナール対策をしっかり行なうことが大切です。

そして便秘や腸内環境の悪化がある場合は、野菜や繊維の多い食事を心がけ、ヨーグルトなどの善玉菌を増やしてくれるような食べ物を積極的に摂るようにしましょう。また、できるだけ身体を動かすことも大切です。

これらの生活習慣の見直しは、腸内環境も良くするだけでなく、アンチエイジングにも効果大です。臭わず老けない身体づくりをぜひ実践してください。

 
女性のための加齢臭のお悩み解消ガイド