女性のための加齢臭のお悩み解消ガイド

女性の加齢臭を解決!おすすめアイテムを紹介します

HOME » さまざまな角度から女性の加齢臭の原因を探る! » このニオイ、加齢臭?それとも他の病気?

このニオイ、加齢臭?それとも他の病気?

このページでは、加齢臭と病気によるニオイの違いや、ニオイの種類によって疑われる病気について解説していきます。

病気のサインと加齢臭の違い

加齢臭と思い込んで一生懸命ケアしても改善されず、ニオイの原因が病気だった…というケースもないわけではありません。

加齢臭のニオイは、一般的には「ロウソクのようなニオイ」や「古い本のニオイ」、「青カビのようなニオイ」と表現されます。

ニオイは自分では気づきにくいものですが、それでもなんとなく臭ったとき、加齢臭を疑いがちです。しかしニオイの種類によっては深刻な病気が隠されていることもあるので、できるだけニオイをしっかり見極めることが大切です。

アンモニアのニオイがしたら…

アンモニアのニオイはすなわち、オシッコのニオイのこと。このニオイがした場合は、腎臓の病気を疑う必要があります。

腎臓が正常に働いていないとアンモニアがオシッコと一緒に排出されず、体内にまわったアンモニアは汗と一緒に出てきます。そして体臭はアンモニア臭くなります。

ただし、疲労によって腎機能が低下している場合もこの現象は起こります。また免疫機能が異常をきたしたり、糖尿病、高血圧、アレルギー、感染症などによっても体臭がアンモニア臭くなることがあります。

いずれにしてもアンモニア臭がしたら、早めに受診することが大切です。

魚のニオイ、甘いニオイ

身体から腐った魚のようなニオイを発する魚臭症候群という病気もあります。また、甘いニオイを発する場合は糖尿病にかかっている可能性もあります。

いずれにしても、アンモニア臭も魚のニオイも甘いニオイも病気の可能性があり、早めに医師の診察を受けることが重要になります。

ニオイは健康のバロメーター。普段から加齢臭のケアはしっかりと行い、別のニオイを発見しやすくしておきましょう。 

 
女性のための加齢臭のお悩み解消ガイド