女性のための加齢臭のお悩み解消ガイド

女性の加齢臭を解決!おすすめアイテムを紹介します

HOME » さまざまな角度から女性の加齢臭の原因を探る! » 女性ホルモンとの関係

女性ホルモンとの関係

このページでは、加齢臭と女性ホルモンの関係についてご説明します。また、女性ホルモンが減少することで加齢臭が起こる原因やしくみについて解説します。

加齢臭の原因は女性ホルモン?

加齢臭とは皮脂から発生する「中高年独特の臭い」のことを言います。皮脂の中にあるヘキサデセン酸と過酸化脂質が結びつくと「ノネナール」という物質が作られますが、これがイヤな加齢臭のもと

男性も女性も年齢を重ねるごとにヘキサデセン酸が増加していきます。そのため、若い人にはないニオイが出てきてしまうのです。

男性に比べて女性は、女性ホルモンの働きによって皮脂の分泌や活性酸素の発生が抑えられています。活性酸素が発生しなければ過酸化脂質も抑制されるので、女性は男性よりもニオイが少ないのです。

そのため、加齢臭は「オヤジ臭」と言われるように、皮脂の分泌が盛んな30代以降の男性独特のニオイとされてきました。

しかし、加齢によって女性ホルモンが減ってきた女性にとっても人ごとではないニオイです。男性のように皮脂の分泌が盛んになってしまうからです。

また、最近は男性ホルモンが多い女性が増えています。男性ホルモンが多い女性は女性ホルモンのバランスが崩れることが多く、加齢臭が出やすいと言われています。

閉経後はとくに注意!

女性の加齢臭には女性ホルモンが影響!?とくに40代以降は女性ホルモンの働きが衰えることで加齢臭が強くなります。また、更年期の時期や閉経後は女性ホルモンの働きが止まってしまうため、皮脂の分泌や酸化は男性と同じように起こります。

つまり、男性と同じ条件になってしまうというわけです。

女性ホルモンの減少が原因の加齢臭は、ノネナール対策をしっかり行なうことが大切になります。香水などで上からかぶせるのではなく、消臭効果の高いボディソープなどを用いてニオイをもとからたつようにしましょう。

また、女性ホルモンの働きを促すため、ストレスをためない生活、活き活きとした毎日を送ることが大切です。そのためにもニオイで落ち込むことがないよう、加齢臭ケアにしっかり取り組みましょう。 

 
女性のための加齢臭のお悩み解消ガイド